30代後半からの婚活で焦りすぎて失敗するパターンとは?

30代後半に入って結婚への焦りから婚活で空回り女性が急増?!

 

被害妄想と言われようと、30代半ばを過ぎた独身女性は肩身の狭い

思いをするもの。

 

アラサー独女は社内でも「売れ残り」と言われているのだろうなと

劣等感を感じていることは否定できないでしょう。

 

ですが、そんな劣等感のなかで「今に見てろよ」と燃える気持ちが

あるのも30代後半の特徴です。

 

40代に入ってしまえば後がない!そういった気持ちで婚活に熱が入る

のもわかりますが、あまりにも焦り過ぎて空回りしてしまう事が。

 

結婚への執念に燃える30代独身女性が陥る、焦り過ぎによる婚活失敗

パターンとは?

周りにいる独女仲間を意識しすぎて精神的に疲れてしまう

 

今の時代は30代独身の女性も増えてきているので、あなたの周りにも

同じような境遇の仲間がいることでしょう。

 

ただ、独身である事をあまりにも意識していると、独身仲間というより

単に腹の中を探り合う婚活ライバルのような関係になってしまいます。

 

今まで付き合いの良かった独身のお友達が急によそよそしくなったり、

一緒に会う回数が極端に減ったとたんに

 

「なんか最近忙しそうだよね?彼氏とかできたんじゃないの?」

とついつい探りを入れてしまいます。

 

お友達がうやむやな答えを出したりしてもイライラするし、彼氏が

できたと幸せ絶頂で報告されてもムカムカ。

 

そうした妬みに駆られた状態で婚活を必死に頑張ってもなぜかうまくは

行かないもの。

 

「なんであの子が上手くいって、私はこんなに婚活しても上手くいかない?」

 

どうすれば婚活が上手くいくのかよりも、あの子を見返したい!のような

競争心ばかりで精神的に疲弊してしまうパターンです。

 

いずれにしても、婚活は精神的にハードなものです。

あまりにも思ったように婚活ができずに結局は諦めてしまう事になり

かねません。

 

周りと自分を比べての焦った婚活はいい事などありませんね。

婚活で結婚したいオーラを出し過ぎて相手の男性から断られる

 

30代後半に入ると出産へのリミットもあるので焦る気持ちがあるのは

当然の事でしょう。

 

結婚の為に婚活をするわけで、相手の男性も当然「結婚の意思」が

あるからこそ会費を払って婚活しているのです。

 

そうは言っても、とにかく「結婚」と焦ってばかりでお相手の男性

を商品のように考えてしまっては上手くはいきません。

 

あった瞬間に事務的に将来結婚した時の条件のような話ばかりでは

うんざりするものです。

 

まずは相手の男性の趣味や好きな事の話で盛り上がることができる

くらいの精神的余裕は持ちたいものですね。

婚活で人生の目的を叶えたはずが結婚に失敗しまう

 

30代の内に何があっても結婚するんだと言う夢を叶えたわけですから

ある意味すごい事です。

 

ただ、婚活であせりすぎてお相手のことをじっくり知ることもなく

結婚してしまって後から後悔のパターンもあるので注意が必要ですね。

 

結婚後に相手の男性がマザコンで手に負えない状態だったということ

もあるのです。

 

彼との相性だけでなく、彼の家族ともしっかりと話をして彼と母親

がどのような関係なのかはしっかり見ておいた方がいいですね。

 

「結婚」の文字しか見えずに焦りすぎると、本当に見逃してはいけない

所を見逃してしまったりするものです。

 

極度の潔癖症やマザコンなどは治るものではありません。

こんな事なら1人の方が楽だった、なんてことにならないように結婚

前にある程度の期間はお互いを見る必要があります。

30代後半で婚活の焦りすぎから失敗したくないなら

 

1人でも生きていけると知ることですよ。

 

結婚できれば幸せ、結婚できなければ孤独が待っていると心の底で

思い込んでいるなら婚活失敗の可能性も高くなるのです。

 

心の余裕を持つには、1人でいる幸せを感じることです。

アラサーで彼氏がいない、結婚できないと空しい気持ちになって

いるのかもしれませんが、結婚していても孤独な気持ちでいる人も

いるのですから。

 

アラサー独身女性が婚活で焦るのは自然なことですが、焦り過ぎで

くれぐれも失敗しないように心の余裕を忘れずに!

スポンサーリンク

関連記事




更に詳しい恋愛情報はこちらから