30代後半の女性を振る男は人として最低なのか?

35歳を過ぎた女性が彼氏から振られる恐怖を感じるのは当然

 

独身であろうと、失恋に苦しもうと「まだまだ大丈夫だよ!」なんて

言ってもらえるのは35歳までが限界です。

 

しかも、「まだ若いよ、大丈夫!」なんて言葉ははっきり言って

社交辞令のようなもの。

 

確かに独身であることを気にする30代女性に厳しい言葉を投げかける事ができる人

なんて、そうそういないですよね。

 

結婚したい30代後半の女性にとって、まさに今の彼氏とは何があっても結婚にもっていきたい!

そして、彼氏がいない場合は次に付き合う男性が結婚相手だと信じたいもの。

 

ですが、30代後半で付き合いはじめたとしても、今の彼氏と長年付き合っていたら30代後半

に差し掛かってしまった場合でも、別れる時は別れてしまいます。

 

女性側から別れを決断できたのならいいのですが、逆のケースは意外に多いもの。

30代後半の女性を振る男のイメージは「最低」でしかないように思いますが、

果たして本当に男性だけが悪いのでしょうか?

30代後半だからと言って愛がないのに結婚しますか?

 

仮に、女性が30歳を過ぎてから付き合いが始まり、30代後半になってから振るのは

無責任と言えるでしょうか。

 

結婚は恋愛の延長上にあるとは言え、双方の家族のことや育ってきた環境や文化など、

一緒に生活していくのに障害が無いかどうかをある程度計算しますよね。

 

逆に、この人となら結婚して一緒に生活ができると思った相手なら、恋愛感情など無くても良い

という極論もあるのです。

 

その理論で言えば、アラフォーを前にした彼女に別れを告げるのは無責任と言えるもしれませんね。

けれども、愛が冷めているのにこれまでの流れと妥協と責任感だけで結婚した場合、

将来二人の間にトラブルが生じた時に、男性側は結婚したことを後悔する可能性があります。

 

愛が無ければ結婚できないという理論が正論だとすれば、愛が冷めてしまうのは

仕方のない事であり、別れを決意した男性に罪はありませんよね。

 

結婚に関しては人生の岐路に立つことを意味するので、男性だって真剣にならざるを

得ません。

30代後半の女性を振った男性も悩んだ末の決断であることを考える

 

付き合いが長ければ長いほど、彼女の何かがどうしても受け入れられなくなったり、

他に好きな人が出来たりした場合でも、男性側も振ることにかなりの抵抗があるのです。

 

結婚は毎日かなりの時間を一緒に過ごすことであり、ちょっとしたクセや生理的に受け入れられない

部分があれば、日々の生活の中で我慢できないものになる可能性がありますよね。

 

結婚を考えた時に男性側にその様な思いがあるのなら、無理に結婚してもお互いに

不幸になるだけでメリットはありません。

今は辛くても別れることがお互いの為ですね。

 

確かに、世間体の為に先の事なんてどうでもいいからとにかく結婚!という考え方に

走ってしまうことは無理もありません。

 

ただ、押し切り結婚をした場合は結婚後に旦那様から浮気をされることも

覚悟が必要になるでしょう。

 

確かにはっきりした理由もなく「飽きてしまった」ような納得できない理由で

30代後半の女性を振るような最低男はいます。

 

それでも、大人の女性として終わってしまった関係にしがみつく事は何としても

回避しましょう。

 

結局、恋人を振る事に年齢など関係はないのです。

どんな年代でも、理不尽な振り方をする最低男は存在するのです。

 

苦しくても破局を受け入れてこそ、素敵な男性との出会いがある可能性が高く

なると信じましょう!

スポンサーリンク

関連記事




更に詳しい恋愛情報はこちらから