30代の独身女性は世間とのファッション感覚のズレに注意?!

30代独身の女性はいったいどんなファッションを楽しめばいいの?

 

30代の女性が悩見どころの1つは「30代向けのファッションってなに?」

ということですね。

 

20代のような可愛さはなくてもおばちゃんと呼ばれたくもない。微妙な

年代ではあります。

 

30代ってどんな服着ればいいの?と悩む場合が多いようですが…極論を

いえば何を着たってかまいません。

 

周りが何と言おうと自分の好きなファッションがあるなら楽しめばいい

のではないでしょうか。

 

ただ、男性からモテたい、周りから素敵な女性と思われたいという願望

があるのなら、アラサー独女のあなたのファッションセンスと世間が持つ

30代女性のファッションのイメージにズレがないかを確認してみること

をおススメします。

20代ファッションが許されるのは32歳までが限界?!

 

いわゆるパステルカラーのふわふわ系ファッションは20代の特権と考えて

おきましょう。パステルカラーを取り入れたいなら、デザインは少しシンプル

な大人向けのものにする事です。

 

25歳の男性に恋をした30半ばの女性が、振り向いてもらう為に20代向け

可愛いファッションに身を包んで必死にがんばっているのを見てきましたが

怖いだけです。

 

30代独身女性は、20代の頃の気持ちが消えない事が多いですね。

「心はいつまでも乙女」でも「容姿はいつまでも乙女」ではいられません。

その現実を32歳までには受け入れるようにしましょう。

30代独身でヒラヒラレースやリボン・ハートはもう無理

 

狙ってやっているならいいでしょう。

「痛い女」だろうと私はこれが好きだからいいでしょ?!と貫ける

ならそれもかっこいいかもしれません。

 

ですが、あからさまに可愛らしいリボンやハートは周りにドン引きされて

いると思っておきましょう。

 

20代の頃に買ったお気に入りの可愛い系スカート、割と高かったし

まだ着られるよね?と着続けてませんか?

 

レースはリボンを使った30代ファッションを楽しみたいと言うのなら、

色は黒やグレー、もしくはブランドでセンスの良いものを着ると周りから

30代の素敵な女性と思ってもらえます。

30代独身でㇷ゚チㇷ゚ラコーデ一式で身を包むのはもうダメ

 

あんまりにも安い服だと、やはり分かりますよ。

シンプルなシャツなどをお安くゲットするなどの賢いお買い物はいいかも

しれませんが。

 

安物の大量買いは早めに卒業してしまいましょう。

30代女性は少しいいものを長く着る事がかっこいいですよ。

 

特にジャケットやコートなどはシンプルでいいものを買えば長く使える

のですから結局はお得なのです。

30代女性のミニスカート・ショートパンツはもう自己責任

 

30代でも自分のスタイル、特に足に自信がある場合はショートパンツ

をはきたくなってしまうのでしょう。

 

ミニスカートやショートパンツをはく時と場所を考えるのであれば

もう自己責任で楽しむとよいのではないでしょうか。

 

ただ、

「ショートパンツでスタイルが良いから声をかけたんだけど、振り向いたら

おばちゃんだった…。悪いけど、逃げたわ」

 

という男性もおりましたので、そういうケースがあっても受け入れましょう。

35歳以上の独身女性は本音の意見を言ってくれる人を見つけて

 

基本、誰もアラサー独女に対してファッションセンスを非難すること

などありません。

 

それどころか、「若く見えるよね~!」なんて持ちあげてくれる人の

方が意外に多かったりするものです。

 

30代でも後半に入ったら、30代の大人の女性として素敵に見える

ファッションなのかどうか、本音の意見を言ってくれる人を見つけると

いいですね。

 

周りの目など一切気にしないで自分の好きなファッションを楽しみ続けるか、

周りが思うかっこいい30代女性のファッションを少し取り入れてみるか…

あなたはどうしますか?

スポンサーリンク

関連記事




本気で結婚したい人以外はお断り!

更に詳しい恋愛情報はこちらから