苦しい30代での失恋による将来の不安の乗り越え方

30代での失恋で将来の不安に苦しむのはごく当たり前のこと

どんな人にとっても失恋はつらいもの。

それでも、30歳を過ぎてからの失恋は体験した人にしか分からない不安と絶望感ですね。

 

10代、20代前半の頃とは違って、恋愛には結婚やこれからの人生の方向性までもが

かかっていると思うと当然かもしれません。

 

ですが、アラサーでの失恋を経験したくはなくてもこればかりはどうなるか分かりません。

 

あなたが今、彼氏との関係が微妙な状態で別れの覚悟をしなくては行かないのかも…?

と感じているのであれば、これを読んでどんな事があっても失恋から立ち直ることはできる

と言い聞かせてあげて下さいね。

彼氏との別れで希望が見えなくなる30代女性たち

結婚希望者が30代で失恋するとダメージが大きいですよね。

 

もし、彼との結婚生活について具体的なイメージが出来上がっていた場合、その全てが

失われてしまうのですから。

 

当然、恋を失った直後はショックが大きすぎて立ち直れる気がしないものです。

それでも、確実に時間の経過と共に失恋の痛みは薄らいでいくので、希望を失ってはいけません。

 

アラサーの場合、パートナーとの別れは人生設計を考え直さなければならないという重大な課題が

のし掛かってきますね。

 

苦しい時は苦しい気持ちに完全に浸り、膿を出し切った方が早く立ち直れるものです。

乗り越えなければならないのは失恋の痛手だけではなく、崩れた人生設計の補修もあるのです。

 

30代の失恋は次のステージに進む為のプロムナードだと信じて

一つの恋に終止符を打つということは、元彼が人生を一緒に歩いて行く相手ではなかったことが

分かるだけでなく、未来の自分の財産でもありますね。

 

をした方が豊かな人生であることに間違いないのですから。

どんなに結婚を望んだ相手でも、元彼が運命の相手でないことが分かったならば、

苦しい思いの中さんざんのたうちまわってさっさと立ち直ることです。

 

その結果だれの目にも更に魅力的な女性へと成長したことが見て取れますよ。

彼と別れた女性がきれいに見えるのは、次の恋への準備に入ったことを意味するのです。

 

そのプロセスに年齢は関係ありませんが、30代女性は男性にとっても結婚対象となるので、

痛みを乗り越えて美しくなった者勝ちですね。

スポンサーリンク

関連記事




本気で結婚したい人以外はお断り!

更に詳しい恋愛情報はこちらから