アラサーの失恋で結婚が絶望的な状況から立ち直るには?

アラサーでの失恋は10代や20代の失恋とは全く違う

 

アラサーの失恋は10代のような切ない失恋とは意味が違いますね。

現実的に結婚を考える年齢での失恋では、想像をはるかに超えた

絶望感を体験する事になります。

 

ただ、30代で破局してしまった理由がどうであれ今の現実を受け

入れて立ち直っていく必要がありますね。

 

では、アラサー失恋をしてしまったらどのように立ち直ればいいの

でしょうか。

地獄のアラサー失恋直後にお友達には相談しない方がいい

 

よほど信頼のおける友人がいるのならいいですが、失恋直後で

一番苦しい時は家族に打ち明ける方が無難です。

 

アラサーで失恋直後に友人に相談をしたとしても言われる事は

決まっています。

 

「1日も早く忘れて次の恋に進んだ方がいいよ」

「絶対にもっといい人が現れるよ」

 

確かにアラサーでも失恋した後ですぐに次の男性と恋愛関係に

発展して電撃結婚のパターンもあるでしょう。

 

ですが、すべての人がそのパターンに当てはまるわけではありません。

しかも、失恋の絶望感の真っ只中にいる時は、かえってその励ましで

鬱状態に落ちてしまう可能性もあるのです。

 

さらに最悪の場合は、その相談した友人が周りの知人などに恋愛ネタ

として話してしまうこともありますよ。

 

失恋直後の絶望と喪失感からは、どうあがいても逃れられないです。

ですが、結婚に結びつかなかった以上は恋愛には終わりがくるもの。

失恋のどん底をとことん味わうしかありません。

 

失恋直後の苦しみは、家族や日ごろから本当に信頼できる人、もしくは

プロのカウンセラーに話した方がよいのです。

 

そして、失恋直後には自分に対して厳しい意見を言わないこと。

時間が経てば地獄の苦しみからは必ず脱出できると繰り返し自分に

言い聞かせてあげることです。

アラサー失恋直後の危機を脱したら一人時間を有効利用

 

失恋から数週間は精神的にもどん底なので、日々の生活を送る

だけでも精一杯になりますね。

 

ごはんも食べられなくなってしまって体重がかなり落ちてしま

ったりします。

 

彼氏がいない、独り身なのだという現実が受け入れられずに、

何とか元彼と連絡を取りたいと苦しむ期間です。

 

ただ、1カ月、2か月すれば少し落ち着きます。

その時に1人時間を楽しむことを覚えていきましょう。

 

特に恋愛依存が強いと感じているのなら、1人で外食をしてみるなど

今までやっていなかった事を始めましょう。

 

彼氏が隣にいないと、出かけられない。

1人でご飯を食べていたらかわいそうな女だと思われているから

嫌だと感じているなら重症です。

 

新しい出会いや婚活もいいですが、数カ月は1人で幸せに生活する

感覚を掴むようにするといいですよ。

アラサー失恋で苦しくても3カ月を過ぎたら次へ進む

 

失恋から3カ月で元彼を忘れて次へ進むというのは厳しいかも

しれませんね。

 

ですが、アラサー失恋の苦しみは正直消えるものではないのです。

失恋から3カ月なら、まだ毎晩涙にくれてもおかしくはありません。

 

だからこそ、失恋の傷を抱えていても次へ向けて進もうと考え

る方がいいのです。

 

30代であれば、失恋の傷が自然に消えるのを待つ方法を選ぶと

そのままズルズルと恋愛に前向きになれないままになってしまうこと

があります。

 

結婚したいのならなおさら、一気に落ち込んだ後はしばらく1人時間を

楽しむ期間をつくり、その後は新しい人生を始める決意をする方が

いいのです。

 

人によっては半年から1年を1人時間にあてて楽しむ場合もあるでしょう。

それはあなた自身が決めて下さい。

 

アラサー失恋の傷は何年もかけて癒していくものだという事を理解して

その傷が癒えるのを待たずに先に進んでしまいましょう。

 

あなたは30代の大人であって、10代の女の子ではないのですから。

スポンサーリンク

関連記事




本気で結婚したい人以外はお断り!

更に詳しい恋愛情報はこちらから