30代でいつまでも実家暮らしの女性に結婚は無理?!

30代で親と暮らす実家暮らしの女性に対するイメージは正直良くない

 

同じ独身アラサー女性でも、実家暮らしと一人暮らしをしている場合

ではかなり印象にも差がありますね。

 

30代の男性で実家暮らしと聞けばどんなイメージを持つでしょうか?

おそらく「マザコン男」だったり「自立できない男」だと思ってしまうの

ではないでしょうか。

 

そうなると、当然女性であったも30歳を過ぎて親と同居していると、

「面倒な女」のイメージがついて回ります。

 

30代独女で実家暮らしではなぜ結婚が遠のいてしまうのか、その理由を

探ります。

30代実家暮らしは経済的に一人暮らしするのが不安だから

 

30代独身の女性が実家暮らしから抜け出せない1番大きな理由は、経済的に

不安があるからではないでしょうか。

 

正社員であっても事務職で1人暮らしするには給与が足りない、派遣社員なら

なおさらですね。

 

それなら、結婚するまでは実家にいて家賃分を貯金にまわせば何かと

お得と考えるのでしょう。

 

ですが、結局は家にいる事でご飯代を入れることもなく、入って来る給与

はすべて自分のもの。

 

生活費がかからない分、貯金に回せばいいものの、ついつい甘えがでて

ブランド物を買いあさったり自分磨きと称してお茶だのお花だのの教室に

お金を使いまくるのです。

 

一人暮らしをしていれば、生活費で10万以上飛んでいく事を考えれば、

やはり30代独身でも一人暮らしをしている方が金銭感覚はしっかりとして

いますよ。

実家暮らしで結局家事は親まかせでのアラサー独女は自立できない

 

実家暮らしで家事を何もかも自分でやっていると言うアラサー独女など

ほぼいないでしょう。

 

仕事をして疲れているからと言い訳して、料理、掃除に洗濯、結局は

全部親任せになってしまいます。

 

30代で家事を親任せにする事に慣れてしまうと、今後一人暮らしを

する事は難しくなるでしょう。

 

そんな女性と結婚しても大丈夫かと不安に思われても仕方がないですね。

アラサー独身になっても20代の感覚が抜けずに現実が見えていない

 

30歳を過ぎても、いつまでも気分は20代のままで「今が良ければ

大丈夫」なんて気楽に考えすぎの実家暮らしアラサー女性。

 

1人暮らしなんて面倒だし、自由に使えるお金も減るしどうしてわざわざ

結婚もしていないのに実家を出る必要があるの?と思っているでしょう。

 

結婚のご予定でもあるなら話は別でしょうが、ある程度は厳しい

現実にも向き合った方がいいでしょうね。

いつか理想の男性は表れるというお姫様願望から抜け出せない

 

30代で独身・実家暮らしの女性は、いつか理想の男性が現れると信じて

しまっているようですが、もう手遅れですよ。

 

20代前半ならまだしも、お姫様願望はいい加減に捨てて戦略的に

恋愛をしていかなければいけない年齢になってしまったと気づきましょう。

 

実家で恋愛ドラマばかりみて相手の男性の理想ばかりを掲げていても

周りからすれば「30代独身のただの痛い女」なのです。

アラサー独女の親も娘をいつまでも手放せずに世話を焼きまくる

 

アラサー独女で実家暮らしを続けるのは、親がいつまでも世話を焼きたい

からと言う事もあるでしょう。

 

欧米社会と違って、社会人になっても親と同居が当たり前なので

年齢に関係なく、結婚するまでは実家暮らしが普通だと考えています。

 

そして、結局は親が何もかも世話をしてしまうのです。

特に女性の場合は、自分から自立すると宣言でもしない限りは実家から

出る事はできないでしょう。

30代独身女性は結婚に関係なく実家暮らしから飛び出して

 

料理、洗濯もちゃんとしてます!なんて言ってはいても結局は

週に1回、気が向いた時だけ…なはずです。

 

たまに家事をするのと、1人暮らしですべてをやりくりするのとは全く

違います。

 

1人暮らしが上手く行かなくても受け入れてくれる実家があるのなら

アラサー独女のあなたは今から1人暮らしの準備をしてみましょう。

 

家賃や場所を決め、引っ越し費用や生活費、あらゆることを考えて実際に

計画を立ててみて下さい。

 

それが嫌だとか面倒だと言うのなら、結婚はできないでしょう。

相手の男性に何もかもかませたいなんて30代女性に貰い手などないです。

 

まずは、実際に一人暮らしをする計画を立ててみること。

あなたの人生で何かが変わってくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事




更に詳しい恋愛情報はこちらから