30代後半で失恋!なかなか立ち直れない人の特徴とは?

「30代なんてまだまだ若いよ!これからだよ!」

 

このセリフ、あなたも聞いたことがあるでしょう。

30代女性が失恋した時に必ずと言っていいほど聞くこのセリフですが…

 

真に受けてのんびりしていたらダメですよ!

 

30代後半の女性は30代前半の女性と比べると明らかに容姿の衰えは見て分かります。

 

そして、恋愛において見た目の若さや年齢は重要である

という事実は避けられないものです。

 

かといって、30代後半で失恋した女性はみんな不幸なのか…というと

そうでもないのです。

 

失恋から立ち直れない女性の特徴はどのようなものでしょうか?

痛い30代女性は結婚がすべてだと思い込んでいる

 

結婚すればすべてが上手くいくと勘違いしているパターンですね。

結婚は相手があって成立するもの。

そして、相手にもあなたのように心があるのです。

 

結婚したい男性と、どのような人生を歩んで行きたいのか

なぜ彼と結婚したいのかを真剣に考えてみる事です。

 

「結婚」のための結婚になっていては、逆にあなたの望むものは遠のいて

しまうということです。

30代女性で自己肯定感が異常に低いと失恋から立ち直れない

 

年齢に関係なく、自己肯定感は人生を生きていく上で大切なものです。

ところが、自分の存在そのものを愛して肯定できない女性は数多くいます。

 

そうなると、別れてしまった時に「彼と別れたのはすべて自分の責任」

と考えてしまいます。

 

「あの時、私があんなことを言ってしまったから」

「あんな態度を取ってしまったから」

 

と自分を責め続けてしまうのです。

 

恋愛は平等でなければ上手くいきません。

別れた彼だって完璧な人間ではなかったはずです。

 

あなたが言い過ぎてしまった、ひどい態度を取ってしまった事が事実なら

素直に反省をして次につなげればいいだけの事。

 

それを、自分の人格否定につなげていったり、自分を責め続けているなら

自己肯定感が低いのだと認識しましょう。

 

今の自分を愛せなければ、失恋の苦しみからは立ち直れません。

30代女性に多い、極度の恋愛依存は失恋の苦しみを増大させる

 

恋愛依存にもレベルがあると思いますが、

もしあなたが彼氏と付き合っている時から自己犠牲の度合いが高かったなら

立派な依存です。

 

彼が仕事で疲れていて機嫌が悪く、理不尽な事を言われても自分のせい、

あなたが彼の為にご飯を作ったり、家事をしてあげた時にダメ出しばかりされても、

全部自分のせい…

 

健全な心を持った30代女性ならば、そんな態度ばかり取られて黙ってはいません。

とっとと別れた方が得だと思うでしょう。

 

ですが、恋愛依存に陥っている30代女性は1人になる、捨てられるのが

怖くなっているので何も言えないのです。

 

その人と一緒じゃなければ幸せになれない、1人だと幸せになれない

というのは単なる幻想です。

 

彼氏に振られて、長期間苦しんで何もできない状態であれば心療内科を

受診しましょう。 精神的自立がなければ失恋からは立ち直れないからです。

30代後半の失恋は辛い!厳しい現実はしっかり受け止める

 

まず、男性は若い女性が好きであるという事実は受け入れましょう。

 

30代後半で失恋してしまい、不安で仕方がないのであれば

あなた自身の男性に対する条件を変える必要があります。

◆年収はいくら以上じゃないと

◆身長は170㎝以上の男性じゃないと嫌

◆何でも聞いてくれる優しい男性じゃないと無理

 

意外に30代後半女性に限ってあり得ない条件をつきつけてしまうもの。

新たな彼氏を作って結婚に結び付けたいなら、諦めが肝心。

 

例えば、身長の高い男性じゃなければダメなら男性の職業は諦めましょう。

高収入の男性がいいのなら、相手の容姿や年齢は諦めて下さい。

 

そうして現実をしっかりと見るんだと決めることで失恋から立ち直り、

新しい出会いに向けて一歩踏み出す勇気もでるでしょう。

 

過ぎた時間は取り戻せません。

変えられない現実よりも、今あなたにできる選択すると決めましょう。

スポンサーリンク

関連記事




本気で結婚したい人以外はお断り!

更に詳しい恋愛情報はこちらから