30代で突然彼氏から振られる女とプロポーズされる女の違いは?

20代後半や30代になってから今の彼氏と付き合いはじめたとしたら

あなたが考えているのは彼氏からのプロポーズはいつなのか

 

あなたが今の彼氏と3年付き合っても彼から結婚の話が全くでないとしたら

あなたは彼氏にとって繋ぎの彼女の可能性が高いのです。

 

男の人は長年付き合った彼女をあっさりと振って、その直後に別の女性と結婚!

という事ができてしまいます。

 

運命の出会いがないからあなたと付き合っていたけれど、結婚したい女性

が現れたらあなたと別れたというパターンですね。

 

「彼氏に裏切られた!!!」

「私の今まで彼と付き合っていた時間を返して欲しい!!!」

 

などと逆上したくなる気持ちは分かりますが、30代の恋愛とはすべて自己責任

なのです。

 

人の気持ちはどうすることもできないですが、今の彼との関係をはっきりさせたい、

結婚したい!とおもうのならば今すぐ気を付けたいポイントは以下の3つです。

① 交際期間が長くなっても彼氏に対して感謝の言葉を忘れない

 

お互いを知り尽くしてしまったとしたら、なおさら日々の感謝の言葉を

さりげなく言えるようにしましょう。

 

彼があなたにしれくれた事を具体的に褒めたりお礼を言う事は信頼関係を

深めるためにも大切なのです。

 

やってもらって当たり前の態度でいると、彼から突然振られる率は高まります。

30代の大人の女性なら、彼の優しさに甘えっぱなしはいけません。

② 30代の女性なのに「察して」の癖が抜けないのは別れの原因に

 

30過ぎた女性にも意外に多い「何も言わなくても、察してよ!」という考え。

彼氏は超能力者ではないので、あなたの考えている事をすべて察して先回り行動など、

できるわけありません。

 

それなのに、機嫌が悪かったら「○○がいけなかったのかな?ごめんね」

と察してくれると思っていたり

「私の誕生日にはこうしてくれるもの」

「今年のクリスマスにはプロポーズしてくれるでしょ」

 

勝手に頭の中で予定を立てて、彼氏がその通りにしてくれなかったら突如不機嫌になる…

あなたはどうですか?

 

男性は女性の表情や感情を読み取ることができないものなのです。

いい大人なのですから、あなたが思う事はきちんと言葉にして彼氏に伝える癖をつけましょう。

 

そうすることで、いらない喧嘩も少なくなり彼から求められる女性になる事ができるのです。

③ 30代女性として、仕事と一人時間を思いきり楽しむ

 

「早く楽したいから、結婚したい」

「結婚すれば、今の仕事を辞められる」

 

こうした考えはやはり彼に伝わります。

あなた自身が結婚できない事へのイライラが言葉や言動に出さずにはいられなく

なってしまうからです。

 

それならそれで、彼氏に結婚したいと伝えられたらいいのですが、何となくほのめかすばかりで

「後は私が結婚したいと思っている事を察してよ」

となっては、彼は疲れるばかりですね。

 

そしてある日突然、彼氏から「もう疲れた」と別れ話をされることになります。

彼氏から突然振られない為に30代女性ができる事

 

◆彼氏に対していつも感謝の言葉を忘れない

◆30代なら「何も言わなくても察して」はやめて気持ちをはっきり伝える

◆結婚を逃げ道にせずに、自立して自分の人生を楽しむ

 

あなたが変われば、きっと彼氏の気持ちも変わってくるはず!

スポンサーリンク

関連記事




更に詳しい恋愛情報はこちらから