婚活に疲れ切ってボロボロの30代後半女性に対策はある?!

婚活疲れで身も心もズタボロなのになぜ婚活を続けるの?

 

36歳以降の女性で楽しく婚活など聞いたこともありません。

なぜなら、世間ではまだモテると思っていたのにことごとく男性側から

断られる屈辱を味わい続けるから。

 

余程の美貌やスタイルでもない限り、あなたが想像していた婚活など

実現するわけもありません。

 

それでも、粘り強く頑張って結婚できる人もいるからこそ諦めきれない。

30代後半のアラサー女性が婚活疲れを乗り切る対策はあるのでしょうか?

アラサー独女の口癖は「1人でみじめな老後を送りたくない」?

 

とにかく「みじめ」だという気持ちにがんじがらめになっている

ようですが、それで結婚すれば一気に勝ち組なんですか?

 

結婚できないと周りからも変な目でみられ、親戚や親からはネチネチ

言われ…。

 

街で幸せそうな家族を見る度に憎悪のような気持ちが湧き上がり…。

何があっても惨めな老後は送りたくない!!結婚への執念を燃やし

始めるの繰り返し。

 

ただし、結婚しても「みじめ」だと感じている人はいるものです。

人はないものねだりをしてしまうのですね。

 

でも、そこまでアラサーで1人が惨めなら自分が稼いで男を養ってあげよう

くらいの気持ちになれば相手も見つかりそうですけどね。

30後半で「家事もできるし、料理も習っていて問題ない」はなし!

 

男は胃袋でつかめとは良く聞きますが。

ただ、男の人は好きになれば相手が料理できなくても結婚しますよ。

 

しかも30代後半にもなって、家事できます、料理できますって…。

当たり前じゃないですか?

 

こんなに料理も習っていつでも嫁に行ける準備しているのに!!

というのは勘違い女ですね。 そういう押しつけがましい考えが

男を遠ざけているのかもしれません。

婚活疲れも最高潮!「こんな男にさえ断られるなんて」

 

30代後半女性が一番苦しむのは「男の条件を下げる」こと。

婚活に疲れ切ったアラサーたちが一番に言われるのは「高望み」し過ぎ

だということですね。

 

自分ではそう思っていなくても、周りから言われて傷つくことなんて

ざらです。

 

そして、仕方なく条件を下げてみたのにその男性からもお断りをされて

しまったりするのですよね。

 

「こんな条件の低い男にまで断られるなんて!!」

と屈辱で夜も眠れなくなってしまいます。

 

ただ、男性はそんなあなたの心の中は読み取っていますよ。

あなたの見下した態度を感じ取らない男性はいないです。

 

自分から断ってやりたい!くらいの気持ちがあるなら完璧ないい女を

どんな男の前でもやり遂げるくらいできないとダメですね。

 

レベルの低い男に断れるのが今の自分の現実と思っておきましょう。

 

ただし、あなたから男性の条件を付けるとすればバツイチでもOKに

すればかなり直接会える男性も増えるはずです。

しかも、40代以降で離婚歴がない男性の方が結局結婚に踏み切れない

タイプの男である可能性が高いです。

 

要は「いつか理想の女性に会えるかも」と思っていつまでたっても

結婚の決断ができない男ということですね。

 

しかも、40代以降で結婚相談所に入会してくる男性など、いい男は

いないですよね。 たいていは女性に慣れていない、会っただけで

「なるほどね…」と思ってしまう人がほとんど。

 

そんなにすごい男なら結婚相談所に入会なんて必要ないですし、

入会してもとてつもなく高い条件を出すでしょう。

 

断るのも断られるのも、お互い様。あなたはどれくらいレベルの高い

女なのでしょうか。

アラサー女性は「輝ける場所」を見つけて婚活疲れを解消!

 

婚活疲れで、生きる気力もないくらいにボロボロになっているなら

一度、お休みしましょう。

 

自尊心が傷つけられてばかりでは、上手くいくものも上手くいきません。

「何で結婚できないの?」「何で相手が見つからないの?」

 

そんな事ばかり考えて執念を燃やして生きている女性を好きになる

男性がいるのかどうか、考えてみて下さい。

 

人生は思うようにいかない事だってあります。

それでも婚活を諦めないのなら、自尊心を取り戻すためにも自分が

輝ける場所を見つけましょう。

 

小さい頃からずっと好きだった事や、新しくやってみたい事。

心から楽しいと思える事は何かなと考えてみましょう。

 

あなたが得意な事は何でしょうか?

婚活がメインではなく、あなたが本当にやりたい事や得意な事に

しばらく時間を使ってあげましょう。

 

その方があなたは生き生きと輝いたアラサー女性になれるはずですよ。

そして、男性と会ったときにも会話の幅が広がるはずです。

 

相手にばかり求めるのではなく、まずは自分が輝ける場所をみつけて

誰かを幸せな気持ちにできるようになることです。

 

婚活疲れの一番の対策は、疲れきったら休みを入れることです。

そして今あるアラサー独女としての現実とうまく向き合っていけば

いいのです。

スポンサーリンク

関連記事




更に詳しい恋愛情報はこちらから